ソファーに使われているクッション素材には様々な種類があります。その中から、一般的ないくつかのクッション素材を紹介します。ウレタンは、多くのソファーに使われているクッション素材です。ウレタンには密度があり、この密度によって座り心地が変わってきます。密度が低いものほど柔らかく、耐久性が低下します。反対に、密度が高いものほど硬く、耐久性が向上します。ウレタンは、密度の種類以外にも、低反発や高反発など反発性にも種類があります。スプリングは、ソファーに座った時の柔らかさに深く関わっています。スプリングには、コイルスプリング、S字スプリングなどがあります。昔のソファーには、渦巻状のコイルスプリングが多く使われていましたが、現在では、その他にも様々な形状のスプリングが登場しています。座り心地に関しては、コイルスプリングがもっとも柔らかく身体を受け止められます。

コイルスプリングには、大きく分けてボンネルコイルスプリングとポケットコイルスプリングの2種類があります。ボンネルコイルスプリングは、コイルスプリングを並べて連結した構造になっているため、面で身体を支えます。ポケットコイルスプリングは、コイルスプリングが一つ一つ袋に入っていて、それを敷き詰めた構造になっているため、多くの点で身体を支えます。より柔らかい座り心地のコイルスプリングは、多くの点で支えるポケットコイルスプリングです。S字スプリングは、Sバネとも呼ばれ、名前の通り、S字型の鋼製スプリングを連結棒で繋いだ構造になっています。ボンネルコイルスプリングやポケットコイルスプリングに比べると弾力性は落ちますが、座面がへたることを防ぐために、一般的には山型になるように張られています。クッション素材にはこの他にも、ウレタンを細かくして詰め込んだチップウレタンや、ゴムを糸に編み込んだウェービングテープ、薄く削った木材を網状に編んで反らせたウッドスプリングなどもあります。次は、ストロークについてです。ストロークとは、ソファーに座った時、どの程度身体が沈み込むのかということです。ストロークが大きい程、柔らかい座り心地でリラックス出来ます。

反対に、ストロークが小さい程、硬い座り心地になります。ソファーでくつろぐ時間が短い場合は、どちらのタイプでも良いですが、長時間座る場合は、ストロークが小さいものである方が、身体が疲れにくいため、そちらの方が適しています。このように、ソファーの座り心地はクッション素材の種類やストロークの大きさによって変わってきます。

Leave your Comment

*