ソファーはアラビア語に由来します

カウチは北米を中心に用いられます。古いフランス語でベッドを指す言葉に由来します。ソファ位には一人用、二人用、三人用など様々な種類があります。家人や来客がゆったりとくつろぐのが目的で居間とか客間や応接室に、あるいはオフィスやホテルの部屋などに置かれます。テーブルを挟んで複数のソファーを対面させたり、このソファーとテーブルを応接セットと呼んだりしますが、コーナーに合わせてエル字型にソファーを並べたりする方法も取られます。表面は革張りであったり、布張りであったりです。枠は木や金属で作られ、座面は座り心地を良くする工夫が施されていて、バネがあったり、スポンジやウレタンなど弾力性のある造りになっています。肘掛があるものやそうでないものも見受けられます。現在のソファーの原型とも言える肘掛付きの長椅子は18世紀に表れます。


あるドイツの有名自動車メーカーは日本の正規ディラーがショールームに置くソファーを指定しているという情報があります。それはドイツ製のもであるらしいです。話は脇道に入りますが、ドイツ車のシートは日本車のそれに比べると硬いという印象がありますけれども、長時間ドライブすると疲れないのは固めのシートです。固さ柔らかさだけでなく形状にも疲れを軽減する要素はあるのですが、長時間座って疲れないという機能は重要です。最近はあまり見かけなくなりましたが、以前はカフェではなく喫茶店という分類の店舗がありました。そのお店ではソファーが置かれていましたが、喫茶店に詳しいという人の話では、座り心地の良いものを置くと客が長居してその結果回転率が下がり利益が上がりにくくなるので、そういった観点から座席を選んでいるという実しやかな話を信じたこともあります。自宅用のソファーを選ぶときには自分の好みの色を選分という意見が圧倒的に多いと予想します。選び方について注意する点はどのようなことであるのか、カジュアルであったりモダンであったり、トラディショナルであったりまずはスタイルを決めます。次はどのようなくつろぎ方をするのかということが選ぶポイントになります。


リクライニング機能のあるものがあったり、自分専用の自分専用という選択もあります。そして考慮するべきがすわり心地です。ゆったりなのか、ふんわりなのか、しっかりなのか、くつろぎ方とも関係します。最後に革で張ってあるのを選ぶのか布地を選ぶのかということになります。革の感触は捨てがたいのですが、最後までしっかりと迷って決めましょう。

Blog Home